地域医療連携室 医療福祉相談室|独立行政法人国立病院機構 小諸高原病院





地域医療連携室・医療福祉相談室

地域医療連携室

医療、福祉・行政機関と連携して、
患者さまに効率的で適切な医療を提供します。

地域の先生方からの患者さまご紹介や諸検査のご依頼受付、また退院後の当院よりの逆紹介などを
主な業務とし、当院と地域の先生方との緊密な連携を目指しております。 当院では小諸地域の中核
病院として皆さまの医療ニーズの一環として少しでもお役に立てるよう今後も更なる充実を図って
まいりますので、皆様方のご協力とご利用をお願い申し上げます。

医療連携室長 村杉

  1. 紹介患者さまの事前予約受付
  2. 医療、福祉・行政機関との連絡・調整業務
  3. CT/MRI共同利用の推進
  4. 広報活動
【受付期間】平日 8:30~17:00 TEL: 0267-22-0870  FAX: 0267-22-0950

診療依頼書はこちらからお願いいたします。(Excel)

診療依頼書はこちらからお願いいたします。(PDF)

医療福祉相談室

病気をきっかけに様々な問題や心配事が起こってくることがあります。当院では医療福祉相談室を設け、専門の相談員である精神保健福祉士が皆様の相談に応じております。

家族の問題、病気への疑問、治療への不安、その他どうしたらよいか、どこへ聞いたらよいか、わからないことなど、経済的、社会的、心理的な心配事などについて、どうぞご遠慮なくお申し出下さい。ご相談に応じ、皆様と共に考え、解決していくお手伝いをしています。


※相談は無料です。予約制でおこなっていますので事前に電話で相談予約をお願いします。

※個人の秘密は厳守します。

担当  宮沢(精神保健福祉士)・ 眞瀬垣(精神保健福祉士)・木内(精神保健福祉士)
        小林(精神保健福祉士)・ 松崎(精神保健福祉士)
        荻野(精神保健福祉士)・北方(精神保健福祉士)

【予約受付時間】平日 8:30~17:00

家族教室のご案内

一人で抱えていませんか?
~ご家族の皆様へ、家族教室のご案内~

精神疾患の回復には、ご家族や本人に関わる皆様の協力が大きな助けとなります。より良くご本人様を支えていくために、ご家族のために支援があります。ご本人を支え、ご家族の皆様も元気になれる方法を一緒に考えてみませんか。

【 家族教室教室のご案内 】
当院では今年度6回の家族教室を予定しています。(偶数月第3土曜日)
この家族教室では、統合失調症をはじめとする精神疾患と対処に必要な知識を得ると
ともに、ご家族の不安な気持ちを少しでも軽減できることを目的としています。

【 家族教室スケジュール 】
                
平成30年4月21日(土)テーマ:「統合失調症について」
講師:西村俊哉 医師
平成30年6月16日(土)テーマ:「働くということ~それぞれの体験をもとに~」
当事者3人(予定)
平成30年8月18日(土)テーマ:「どうして統合失調症の治療薬を飲み続けない
といけないのか」
講師:主任薬剤師 市川 暁
平成30年10月20日(土)テーマ:「WRAP(ラップ)=【元気回復行動プラン】」
講師:WRAP(ラップ)ファシリテーター
平成30年12月15日(土)テーマ:「障害年金について」
講師:社会保険労務士
平成31年2月16日(土)テーマ:「発達障害について
講師:発達障害サポートマネジャー
                

※当日の内容については、講師等の都合 等により変更になる可能性があります。

  1. 各会とも13:30~16:00の予定です。
  2. 参加費は無料です。
  3. 参加申し込み等は特にございませんので、当日は直接大会議室までお越しください。
  4. 詳細につきましては、外来等掲示板のお知らせをご覧ください。
    尚、ご不明な点等がございましたら、当院ソーシャルワーカーまでご連絡ください。
  5. 家族教室に参加される方で、お身体の不自由な方や特別な配慮が必要な方は、事前に
    担当者まで電話もしくはメールにてご連絡ください。

実施報告

テーマ:どうして統合失調症の治療薬を飲み続けないといけないのか

【 開催日時 】
平成30年8月18日(土)
講師:主任薬剤師 市川 暁
小諸高原病院 大会議室

                
【 参加ご家族 】
33名

               
【 参加者から頂いた感想 】
・薬の大せつさが良く分かり良かったです。

・もう少し、定型/非定型の作用機序についてききたかった。薬の種類別でどのようにどんな症状に聞くのかききたい。

・視力がわるかったり、きこえずらいのがあって全部よく分からなかったのが残念だった。福作用については自分は感じていないが、自分の体調をよく注意してみようと思った。

                  

テーマ:働くということ ~それぞれの体験をもとに~

【 開催日時 】
平成30年6月16日(土)
講師 : 当事者3名
小諸高原病院 大会議室

                
【 参加ご家族 】
41名

               
【 参加者から頂いた感想 】
・薬をのみながら働いている人の話はとてもよかった。すごいなぁと思いました。

・お二人の社会生活の実践特に就労での苦心に同情を感ずる。前向きなので安心する。

・仕事についた様子・休んだ後の様子・体調によって医者との相談の様子等、参考になった。

・少し遅れてしまいましたが、話のキーになる言葉(例えば「就労移行○○センター」ビーワーク、シーワークなど)聴きとりにくく、意味が分かりにくい言葉は簡単にでも説明があると嬉しい。

                  
               

次回予定

テーマ:WRAP(ラップ)=【元気回復行動プラン】
小諸 体験クラス in 家族教室

              
【 開催日時 】
平成30年10月20日(土)
講師:WRAP(ラップ)ファシリテーター【 WRAP(ラップ)作りのお手伝い役 】
場所:小諸高原病院 精神科デイケア
内容:WRAP(ラップ)【 Wellness(ウェルネス) Recovery(リカバリー) Action(アクション) Plan(プラン) 】は、日本語で「元気回復行動プラン」、「自分で作る自分自身の取扱説明書」と呼びます。精神疾患を経験してもなお、自分らしく生活している人たちからヒントをもらって当事者グループが開発したものです。「元気でいられる為にどんな生活の工夫があるのかな?」そんな疑問に、自分一人では考えつかなかった新たな気づきの発見に出会ってみませんか?参加者の皆さんが主役になる体験クラスです!ぜひ、お気軽にご参加ください。




ページの上部へ